住宅の特殊工事とは|地質調査で安心を買おう|災害の多い国で暮らすには
重機

地質調査で安心を買おう|災害の多い国で暮らすには

住宅の特殊工事とは

工事

家を建てる時に必要なこと

日本は地震や台風などの自然災害が多い国なので、住宅を建てる場合は災害に強い家を考えなければなりません。災害に強い家というと耐震性のある家を想像しますが、それと同じくらい重要なのが地盤と土地の改良なのです。地盤調査や土地の改良は自分で依頼することもできますし、不動産会社や住宅会社が行う場合もあります。もし地盤調査をしないまま家を建ててしまうと、いくら耐震性のある家でも簡単に傾いたりする場合もあるので、やっておいたほうが良いでしょう。地盤調査や土地の改良には結構なお金がかかりますが、家が傾いたり壊れたりすることを考えれば、決して高い料金とはいえません。このように、日本で住宅を建てる場合は、地盤調査や土地の改良が大事というのを覚えておくと良いかもしれません。

土地の購入前に大事なこと

土地付きのマイホームを購入する場合は、地盤調査や土地改良が済んでいるケースも多いので安心ですが、自分で土地を探す時には地盤調査をしたほうが良いでしょう。土地選びは重要なので、不動産会社から聞いた話や周りの土地から判断して購入するのは、できるだけ避けるようにします。土地改良というと耐震補強の一部のように思っている人も多いですが、本来は普通の状態で家が傾かないようにするためのものです。また、新築で家を建てた場合は、10年間の保証が法律で定められていますが、それ以降は自分でお金を払わなければなりません。このことからも分かるように、住宅を建てるにあたっては、事前に地盤調査を行うことがとても大切なことなのです。