災害に強い井戸|地質調査で安心を買おう|災害の多い国で暮らすには
重機

地質調査で安心を買おう|災害の多い国で暮らすには

災害に強い井戸

工事

災害対策のひとつです

一時期は姿を消した井戸ですが、災害時に水道が断水され、消火用に水が手に入らず、消火活動にも支障がありました。水道断水などライフラインの停止は、消火活動のみならず、飲料水やトイレの洗浄、また避難所で衛生管理にも影響を与えます。井戸は水道断水で、水が供給できなくなった際に稼働するので見直されています。国も災害対策として井戸の設置を認め、さく井工事にかかる費用の1/2を補助することを決めました。そこで手動で動かすポンプを付けた小規模な井戸から、自動で給水できるポンプに非常用の電源装置をつけた中規模の井戸まで幅広く需要があり、さく井工事も増えています。小規模な井戸は手動ポンプで馴染みのある姿の井戸で家庭向きです。中規模な井戸は自動でポンプを動かす井戸で避難所など大規模な施設で非常時に使用されることを想定しています。

国の防災対策にも

阪神淡路大震災で水道が断水され、消火活動に支障をきたし、飲料水やトイレの洗浄に使う水も供給ができなくなりました。その教訓を活かし、国が補助金を出して非常用井戸の設置を進めてきました。東日本大震災後に青森をはじめとする東北地方で調査をしました。調査した結果では井戸は非常に地震に強いことがわかりました。そこで改めてさく井工事が注目されています。災害対策として家庭に一つ井戸を持ちたいという方も増えました。ご家庭にてさく井工事を行えば、上水道の使用量の削減も可能です。昔の井戸は浅井戸といって、比較的地表に近い部分で採水するので天候に左右され、安定した利用ができませんでした。最近のさく井工事の技術は向上し、全国どこでも深井戸を掘れるようになりました。深層地下水を利用できるので安定した採水が可能です。