男性女性

地質調査で安心を買おう|災害の多い国で暮らすには

井戸

工事する前にすること

井戸掘りをするときには、トラブルを回避するためにも事前にご近所に通知をしておいた方が良いです。また機械や土砂を運ぶ経路の確保もする必要があります。そして、ポンプには電動と手動の2つのタイプがあり、工事前に選択する必要があります。

工事

災害に強い井戸

一昔前まではあちこちで見かけた井戸ですが、一旦は姿を消しました。阪神淡路大震災を機に井戸水の利用が見直され、国は補助金を出して非常用井戸の設置を進めて来ました。さく井工事の技術も向上し、昔は難しかった深井戸(深層地下水を採取可能)のさく井が全国どこでも可能になりました。

工事

住宅の特殊工事とは

災害の多い日本で住宅を建てるときは、災害に強い家も重要ですが、地盤調査や土地改良といった特殊工事も大事になります。また、自分で土地を購入するときは、地盤調査を依頼して地盤の強さを確かめてから買うことが大切です。

家を建てる前に必要な調査

女性

川沿いや埋立地の地盤

家を建てる時に最も重要視されるのが土地です。土地は永遠にその場所にあって動かすことができないからです。家はリフォームしたり建て直すことができますが、土地はそうはいかないのです。土地を選ぶ時には日当たりと風通し、そして地盤が大切です。日本は地震国なので特に地盤が強固かどうか確かめる必要があり、そのために地質調査を行います。最近は全国どこでも地震が起こる可能性があるので、家を建てる多くの人が地質調査を行います。調査して安全だとわかれば安心して暮らすことができます。必ず地質調査が必要な立地があります。それは川の近くや沼地や田んぼなどの埋め立て地です。そのような立地はもともと地盤が弱い可能性があるので、家を建てる前に必ず調査を行います。

土地の歴史を調べること

地質調査を行うとその分の費用がかかります。もし地盤の改良が必要な場合は地盤の補強工事をすることになるので、その分の費用も必要になります。ですから家を建てる時の予算の中に、あらかじめ地質調査の費用を組み込んでおくようにします。注文住宅の場合は家を建てる前に調査ができますが、分譲住宅や中古住宅を購入する場合は地質調査をしたかどうかを知る必要があります。信頼できる不動産業者なら分譲住宅を建てる前にきちんと調査をしてあり、その証明書を見せてくれるはずです。また中古住宅を購入する場合は事前に役所へ行って、住宅の建っているエリアの土地の歴史を調べることが大事です。田んぼや沼などの埋め立て地かどうかがわかります。